地域の保健師として働く

保健師として地域の保健師として働くという方法があります。地域の保健師として働く場合には仕事の中身はいろいろとあります。病気の予防や健康を増進したり、保健情報を提供する、在宅で病院看護をするといった家族を対象にした看護の方法を教える、医療機関、訪問看護師との間にはいって連携をしていくという仕事もあります。地域保健法では任務の対象になっているのは地域住民全てなので、地域の保健師になったら赤ちゃんから乳幼児、妊婦や大人、高齢者、健常者と障碍者、様々な人が対象になって保健の仕事をしていくことになります。

 

なかでも保健所で働いている保健師ですが、精神障害者や難病かんじゃ、そして結核の患者さんやエイズに悩む患者さんなどの保健サービスを行う、サーズ、新型のインフルエンザが流行した場合に対しての危機管理をしたり、感染予防などをするのもしごとです。専門的で幅広い範囲の対応が求められます。

 

そして精神保健福祉法、障害者自立支援法では法律で精神障害者に関しての仕事は市町村に任している比率がとても多いのです。そのことから、保健師の仕事もかなり増えていて、保健所よりも市町村に任されることもあるのです。ですから市町村保健師と、保健所の保健師の仕事というのはかなり内容的にも違いがありますので、少し混乱してしまう事もあるのかもしれませんが、保健師の仕事というのはこのように多岐にわたっていて、人、地域に密着している仕事なのです。

 

また最近では企業で働く産業保健師 求人が人気となっています。夜勤や残業が少ないことがまずは魅力の1つです。体調の悪い患者さんのケアはもちろんですが、心の悩みや不安を聞いたりといった精神的なケアも重要な仕事になっています。

更新履歴